先輩の声

榊原さん |  入所6年目

先輩の声

Q 現在の業務内容を教えてください

A. 決算書の作成及び毎月担当先へ訪問し月次の数字の監査を行っております。
  またお客様の要望に応じて短期、中長期の経営計画を作成しております。

Q 入所の決め手はなんですか?

A. 私は以前別の会計事務所に勤めており、年に一回資料を回収し申告書を作成することもありました。
  そういった対応では節税将来の事業活動への対策等が行えず、関与先に十分なサポートができていないと感じておりました。
  しかし、当事務所では月次の数字を翌月中に掴むシステムが確立されており、
  決算前の節税対策や関与先への密な接触が図れると思い入所を決意しました。

Q 職場の雰囲気はどうですか?

A. 「やるべきことは必ずやる」という中で、各担当者はそれぞれが自分のペースで業務を進めることができ、仕事と休暇などメリハリをつけることができる職場と感じています。

Q 入所前とのギャップはありましたか?

A. 会計事務所である以上、税金計算や節税が中心であると考えていました。
  しかし、実際は税務だけではお客様の要望に答えられないことも多く、お客様のニーズを聞き出す会話力等の幅広い知識やテクニックが必要であり、力不足を感じることがありました。
  現在も税務以外の知識等について一つでも多く自分の引き出しを持てるよう日々精進しております。

Q 当事務所又はこの仕事の魅力は何だと思いますか?

A. 仕事の魅力としてはお客様から様々な質問を受けますが、それに対し満足いく回答ができた時、心からの「ありがとう」という言葉をかけてもらえることが何よりの魅力であると思います。
  当事務所では関与先の自計化を通して経理業務の合理化支援を推進しており、月次の財務データが翌月には必ず把握できます。これは関与先にとって重要な利点だと思います。
  また当事務所の魅力としては、残業がほとんどなくプライベートの時間を確保できること、特に税理士試験等でスキルアップを図りたい方にはその時間に魅力を感じることができると思います。

Q 将来の目標を教えてください

A. 私としては税理士試験の合格を第一目標としております。
  合格後は税務以外にも経営助言、経理業務の合理化支援等様々な角度からお客様へのアドバイスができることを目標としております。

Q 当事務所に興味をもってくれた方に一言

A. 会計事務所は事務所ごとに様々な特色があると思います。
  そういった中で税務会計や財務データなど数字の知識を生かして経営に係るお客様の悩みや質問に答えていきたいと思う方はきっと満足できると思います。

菊田さん |  入所2年目

Q 現在の業務内容を教えてください

A. 関与先様の伝票入力作業、記帳指導、月次巡回監査をしています。

Q 入所の決め手はなんですか?

A. 当事務所は30年以上の歴史がありながら、TKCの最新システムを使って先進的なサービスを行っています。
  IT・AIが進歩していく中、先を見据えた経営を行っている点に魅力を感じ、自分自身も一緒に成長したいと感じ入所しました。

先輩の声

Q 職場の雰囲気はどうですか?

A. 20代の若手からから60代のベテランまで幅広い年齢層の所員が活躍しています。
  所員は元気な方が多く、困った事があれば手を貸してくれ、相談にも乗ってくれます。

Q 入所前とのギャップはありましたか?

A. 税務と会計の知識を使って事務的に監査をするイメージがありましたが、関与先の社長さんや事務員さんとのコミュニケーションがとても重要だと思いました。
  経営状況を数字で把握するだけでなく、数字以外の情報もコミュニケーションをとり把握することでよりよい分析ができると業務を通じて感じました。

Q 当事務所又はこの仕事の魅力は何だと思いますか?

A. この仕事の魅力は、税務会計という専門性をもって仕事をすることができることです。
  税務関係については毎年改正もあり常に学習をする必要があり、簡単なことばかりではありませんが、変化があるからこそ飽きずに続けられるのではないかと思います。

Q 将来の目標を教えてください

A. 女性ならではの細かい気配りができ、関与先の社長様に一番信頼される相談相手になりたいです。

Q 当事務所に興味をもってくれた方に一言

A. 中小企業で働く多くの方たちの活躍を応援し、自分自身も成長できる大石康夫税理士事務所で一緒に働けることを楽しみにしています!!